シンプルで合理的な構造の単管タワー

2024-04-07

ほとんどの単管通信塔は円筒形 (円錐形) の構造です。基礎は正方形の板または円形の板で作られることがほとんどです。単管通信塔の直径は非常に小さいため、基礎のサイズは大きくありません。風による曲げモーメントの作用により、基礎床の端が基礎から引き離される可能性があります。高層構造物の設計仕様書によれば、通常の使用限界状態の荷重効果の標準的な組み合わせの下では、基礎の底面は基礎土から分離することができません。このため、スラブ基礎を拡張して基礎床の耐屈曲性を高める必要があります。基礎が良くない場合はスラブ基礎や杭を使用します。単管通信塔とは、1本の鋼管から構成される無線通信用の自立塔構造物を指します。その本体は主に単管塔と呼ばれる円形または多角形の断面を有する鋼管を溶接したものである。単管塔の本体材質は主にQ345B、その他の補助材はQ235Bです。タワー本体は美化や迷彩形状のない純粋な鋼構造です。一般的なタワー形状には、プラグインタイプ、外部クライミングブラケットタイプ、内外フランジタイプなどがあります。



We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy